染色体の、分かれ方。

あなたの体の中にある 一つ一つの細胞は、あなたの母と父から受け継がれた染色体を同じ数だけ持っています。 細胞が分裂する際、染色体をコピーして均等に娘細胞に分配するからです。 ところが例外もあって、母と父の染色体を分かれさせる分裂もあります。 精子や卵子をつくって、新しい生命を生み出そうとするための分裂です。 染色体が分かれるとき、どのようなドラマがあるのでしょうか。


もっと読む!
染色体分配の動画


What's New

9 April, 2021

EMBO Reports 表紙

Courtoisらの研究成果がEMBO Reportsの表紙に掲載されました。
EMBO Reports (Vol.22, Issue 4)

1 April, 2021

新しくラボメンバーが加入しました

4月から研究員の会沢栄志さんと京都大学生命科学研究科修士課程のZhou Yuanzhuoさんが加わりました。

26 March, 2021

博士学位取得

西山翠大学院生リサーチアソシエイト/JRAが京都大学生命科学研究科の大学院学位授与式にて博士号(生命科学)を授与しました。おめでとうございます!

4 March, 2021

動原体による紡錘体の調整機構についての論文を発表しました

卵子に染色体を分配するには、紡錘体が適切に形成される必要があります。Courtois(研究員・当時)らは、動原体が微小管との接続を介して紡錘体の二極性を調整することを示しました。
EMBO Reports. e51400 (2021)
doi: 10.15252/embr.202051400.
EMBO Reports 表紙

17 December, 2020

共同研究の論文が発表されました

九州大学大学院医学研究院の林克彦教授の論文(北島研は共同研究として参加)が発表されました。
Nature. 589(7841): 264-269 (2021). doi: 10.1038/s41586-020-3027-9.
新学術領域研究「配偶子インテグリティの構築」

9 November, 2020

BDRの研究ネホリハホリ

理研BDRのニュースサイト いきもんタイムズにて、進行中の研究を紹介する「BDRの研究ネホリハホリ」欄に、三品訪問研究員のインタビュー記事「どうしてオスとメスがいるんだろう?」が掲載されています。








    配偶子インテグリティの構築へ