染色体の、分かれ方。

あなたの体の中にある 一つ一つの細胞は、あなたの母と父から受け継がれた染色体を同じ数だけ持っています。 細胞が分裂する際、染色体をコピーして均等に娘細胞に分配するからです。 ところが例外もあって、母と父の染色体を分かれさせる分裂もあります。 精子や卵子をつくって、新しい生命を生み出そうとするための分裂です。 染色体が分かれるとき、どのようなドラマがあるのでしょうか。


もっと読む!
染色体分配の動画


What's New

23 December, 2021

染色体ワークショップ2021

2021年12月21日(火)~22日(金)までオンライン開催されました、第39回染色体ワークショップ・第20回核ダイナミクス研究会にて吉田上級研究員、森研究員、竹之内研究員がポスター発表しました。

23 December, 2021

日本分子生物学会年会2021

2021年12月1日(水)~3日(金)まで横浜にて開催(現地およびオンライン開催)されました、第44回日本分子生物学会年会(MBSJ2021)にて北島チームリーダー、吉田上級研究員および浅井JRA大学院生が口頭およびポスター発表しました。

18 October, 2021

新しくラボメンバーが加入しました

伏井実穂子さんが加わりました。研究パートタイマーとしてとして二ヶ月間お手伝いいただく予定です。

6 October, 2021

Journal of Cell Biology 表紙

森らの研究成果がJournal of Cell Biologyの表紙に掲載されました。
Journal of Cell Biology (Vol.220, Issue 10)

17 September, 2021

パートタイマー募集

北島研究室では、パートタイマーを募集しています。
作業内容は、専用の画像解析ソフトを用いた動画解析になります。 ソフト上で、パソコンに映し出された染色体の形を修正するシンプルな作業なので、専門知識はいりません。 パソコンの作業に慣れている方、丁寧なお仕事ができる方、ぜひとも宜しくお願いいたします。
(追記)募集は締め切りました。ありがとうございました。

24 August, 2021

受精時の染色体数異常を防ぐ機構についての論文を発表しました

卵子は精子と受精して受精卵となります。森(研究員)は、大阪大学伊川教授のグループとの共同研究から、受精時において卵子と精子の染色体が空間的に離され、それにより染色体数異常が防がれていることを示しました。
Journal of Cell Biology. 220 (10): e202012001 (2021).
doi: 10.1083/jcb.202012001.






Upcoming Events

1 March- 3 March, 2022

RIKEN BDR Symposium 2022

1 May- 4 May, 2022

EMBO Workshop Chromosome segregation and aneuploidy


More Details



    配偶子インテグリティの構築へ