染色体の、分かれ方。

あなたの体の中にある 一つ一つの細胞は、あなたの母と父から受け継がれた染色体を同じ数だけ持っています。 細胞が分裂する際、染色体をコピーして均等に娘細胞に分配するからです。 ところが例外もあって、母と父の染色体を分かれさせる分裂もあります。 精子や卵子をつくって、新しい生命を生み出そうとするための分裂です。 染色体が分かれるとき、どのようなドラマがあるのでしょうか。


もっと読む!
染色体分配の動画


What's New

2 September, 2020

卵母細胞における紡錘体形成の制御についての論文を発表しました

卵子に染色体を分配する装置である紡錘体は、適切なタイミングで形成されることが重要です。西山(大学院生リサーチアソシエイト/JRA、京大院生命)らは、タイムリーな紡錘体形成を保証する機構を見つけました。
Genes Cells. 2020 Aug 31. doi: 10.1111/gtc.12803.

27 May, 2020

卵母細胞における紡錘体形成のしくみについての論文を発表しました

卵子に染色体を分配する装置が紡錘体です。吉田上級研究員らは、紡錘体は動原体と呼ばれる染色体上の構造体を 土台とする機構で形成されることを明らかにしました。ヒトではマウスに比べこの機構がうまく機能していないことが分かりました。 ヒト卵子の染色体数異常を理解するうえで重要な発見です。
Nature Communications 2020 May 27;11(1):2652.
doi: 10.1038/s41467-020-16488-y

21 February, 2020

いきもんタイムズ

理研BDR発行の「いきもんタイムズ」第3号に、森研究員が武庫川女子大学附属高校2年生の5名にインタビューを受けた記事が掲載されています。

21 February, 2020

第37回染色体ワークショップ

竹之内訪問研究員が2019年12月22日(日)-24日(火)に新発田市にて開催されました第37回染色体ワークショップ・第18回核ダイナミクス研究会にて口頭発表を行いました。

21 February, 2020

第42回日本分子生物学会年会

2019年12月3日(火)-6日(金)に開催されました第42回日本分子生物学会年会(於:福岡市)に、北島チームリーダー、吉田上級研究員、西山ジュニアリサーチアソシエイトが口頭およびポスター発表を行いました。

23 November, 2019

研究員を公募します!

染色体分配研究チーム研究員の公募が実施されています。休眠状態にある卵子の研究を幅広く提案できます。採用者が決まるまで開いています。この公募は、BDRで2019年より始動したセンタープロジェクトQMIN (Quiescence Manipulation and Investigation of Natural-hypometabolism) の一環です。ご興味のある方は北島までご連絡ください。











    配偶子インテグリティの構築へ